• ホーム
  • 他社製製品との比較
  • エーハイム外部式フィルターと上部式フィルター、横掛け式フィルター、投げ込み式フィルターとの比較

エーハイム外部式フィルターと上部式フィルター、
横掛け式フィルター、投げ込み式フィルターとの比較

ここでの説明はあくまでもエーハイム外部式フィルターと他のタイプのフィルターの比較です。

イメージ

  • エーハイム外部式フィルターは通常の使用方法で、消耗品など部品交換のメンテナンスをしていただければ7~10年の稼動が可能です。このように、エーハイム外部式フィルターは耐久性が高いため、トータルに考えると全体コストのセーブとなります。
  • エーハイム外部式フィルターは、フィルター本体と水槽をホースで接続いたしますので設置場所の選択が可能です。すっきりした水槽周り、外観、インテリア性が期待できます。

イメージ

  • 密閉構造(フィルター部分)なので、水はねや水槽周辺が湿ったりすることなく快適な環境での魚の飼育が可能です。

イメージ

  • ダブルタップやタップをはずすことによりフィルターを移動して、離れた場所でのろ材の交換、洗浄などが可能です。水槽の上や周りでメンテナンス作業をすることがないので、室内に水をこぼしたり、床を汚したりすることを少なくできます。

イメージ

  • モーター部分にセラミックシャフト(エーハイムフィルターの場合)を使用しており、密閉構造のため、低い運転音が特徴です。モーター音に悩まされることなく魚の飼育が可能です。

イメージ

●他社との運転音比較表

外部式フィルター 50Hz地区 db(デシベル)
エーハイムクラシック2215 対象より20cmの場所で計測 34
他社商品(2215相当品) 対象より20cmの場所で計測 43
  • エーハイム外部式フィルターの場合、ろ材の選択範囲が広く、目的に応じたろ過が可能であり、水質も早く安定させることができます。
  • 製品情報(ろ材)
  • ディフューザーの使用により、エアーポンプとエアーストーンの組み合わせに比べて、静かなエアーレーションが可能となり、水の飛沫もすくなくでき水槽の周囲や床を汚しません。
  • シャワーパイプは取り付ける高さを変えることで、飼育目的に応じたセットが可能です。

イメージ

  • 水槽上部のスペースが広くとれるので、必要に応じて、他の目的(ライトの追加、自動給餌器の装備など)に活用することができます。また、すっきりとした水槽周りにすることができます。

イメージ

ま と め

エーハイム外部式フィルターは既存の上部式フィルター、横掛け式フィルター、投げ込み式フィルターなどに比べて「価格が高い」、「設置が難しそう」、「メンテナンスが大変そう」などといった印象をもたれがちですが、今までに述べてきた利点を考慮しますと、導入時のコストはやや高めですが(初回の本体価格)、長い目で見れば納得できる価格だということがご理解いただけると思います。エーハイム外部式フィルターの最大の特徴である静かで強力なろ過能力を是非皆様のアクアリウムでご活用ください。 エーハイム外部式フィルターの優れたろ過能力なら、素早い水質の安定が可能です。魚の飼育を容易にするばかりでなく魚の健康維持にとっても大切なことです。

Get ADOBE READER

情報をご覧いただくにはAdobe Readerの最新バージョンが必要です。 ダウンロードページからプラグインを入手してください。